ペケ箱

2006年09月25日

ちょいと前になりますが、ペケ箱の中古を安価で購入。別にやりたいゲームなんてないんですが、DVDプレーヤーを持ってなかったし、いろいろといじくるとネットワークメディアプレーヤーになるらしいので買ってみた次第。下調べが不十分だったのでかなり苦労したのですが、HDDも8Gのへっぽこから250Gへと換装。とりあえずはPCに入っている映画やらの動画を全部この中に移したいんだけど、無線LAN経由だとえらい時間がかかってしょうない。どうしたものやら。
以下、環境構築メモやらなんやらの個人的な備忘録(なので読んでもしょうがないと思いますが・・・)。

IMG_5309.jpg

環境構築方法はttp://www.itplaza.co.jp/box7.txtを参考に。基本的にやりたいことがコレと一緒だったので。bios等々のファイルは最新版を使わないで、基本的にこのドキュメントと同じモノを使用。別のバージョン使ってハマるとめんどいので。でも、この方法だと日本語ファイルがアップできない。そもそも箱のフォーマット形式(FATX)だと日本語は×だと思うんだけど、biosはM8にすれば読めるような感じもしなくもない(Xecterは×)。まあ、このあたりは後で。

本体の下準備が終わったら、XBToolでbiosを書き換え。Eドライブから起動を可能にする。ついでにデフォルトのbiosと区別するために、起動画面のロゴカラーとLEDのカラーを変更。ネットワーク設定部分でクロスケーブル直結で環境構築する場合はIPの設定のスタティックをYesに。ファイルサイズは512に変更(256は認識せず)。後は特に変更せず設定を保存。Copy MD5 to Clipboardを押してクリップボードにコピー、テキストエディタで文字列を保存。biosを本体に書き込む。
IMG_5304.jpg

EvoXの起動ディスクを作り、オリジナルHDDのバックアップをとる。ディスクはソニーのCD-RW 650MB(1-4xのやつだったと思う)。上記のドキュメントではマクセル製を推奨していたがさっぱり読み込まず。ただし、ソニー製でもドキュメントにある通り、読み込みはかなり悪い。CD-RWは数種類を用意した方がいいかも。

起動用にEvoXを修正。修正が終わったらSimpleXISOでisoイメージ作成。SimpleXISOが一番安定したソフトらしい。使い方は簡単。
isoイメージができたらRWへ書き込み。ソフトはDeepBurnerを使用。いろいろ使ってみたがコレが良かった。使い方も日本語対応で分かりやすく簡単。

RWに焼けたら箱に入れて起動。何度やってもディスクを読み込まない場合、ディスクの相性、ISOイメージ作成ソフト等を確認。

無事起動したら、クロスケーブル直結またはハブをかましてPCと接続。接続したらFTPソフトで接続。ソフトはNextFTPを使用。ファイルリスト取得コマンドLISTを設定。定番FFFTPは接続できるもののなぜかエラーを吐き出してバックアップがとれず。IPアドレスがあっているにもかかわらずFTP接続できない場合、pingも通らなければbiosのネットワーク設定を再確認(クロス直結の場合はスタティックの設定)。
箱でバックアップをとってFTPでPC側にC,Eドライブをバックアップ。ちゃんとバックアップがとれていることを確認し、HDD換装。


HDDフォーマット機能付きの起動ディスクを作成し起動。HDDをフォーマット。CとEを書き戻す(Eの中身によっては結構時間がかかる)。
IMG_5307.jpg

biosで指定した起動ドライブ(ここではEドライブ)に環境を構築する。起動ディスクを取り出して再起動。EvoXのダッシュボードが起動したら成功。念のため再度バックアップ。

最後に環境に応じてSystem UtilsでLock HDD Settingを実行。ハードディスクをロックする。これをしないとオリジナルのbiosがエラー5で起動しない。リブートをかけてシステムでロックがかかっていることを確認。これで環境構築完了。

アプリケーションをインストール。XBMCは某巨大掲示板を参考に、xbinsの最新版+日本語化キットで日本語化してインストール。リモコンで操作できるのはかなり便利。その他、必要なアプリを適当にインストール。

その後、biosの起動が不安定だったので本体の方をちょこちょこと修正。いまのところ大丈夫っぽい(なんか怪しげ)。

元々DVDプレーヤーを持っていなかったので+ネットワークプレーヤーとしての充分すぎる機能は、本体の無駄なデカさ(中身はまんまPC)を差し引いたとしてもかなり便利。しかし、とにかく大変。ドキュメント通りにいけばさほど難しいことではないんだけど、巨大掲示板の過去ログなんか見てもそんなことは稀らしくとにかくはまる。それに英語のドキュメントやら目を通さなければならず情報収集が面倒だし(コレは熟読)、必要に応じて半田ごても握らなければならないし、PCやネットワーク等の基本的な知識は必須だし、かならず成功するとは限らないしと、ヤフオクで違法のかほり漂う改造箱を買った方が絶対楽なんですけどね・・・。まあ中古だと数千円で入手可能なので興味のある方は泥沼にはまってみてはいかがでしょうか。

ついでに電波王子なる怪しげなネーミングのブツを購入。こいつは有線のものを無線化してくれる、結構便利な王子様。値段も安価。LANの口が2つあるので箱とRD-H1を繋いで無線化。またまた環境構築にちとはまるも、なんとか完了。便利便利。

DivXで圧縮したあのアニメも無問題。久々に見たけどやっぱり面白いなあ。ところで、続編が出るとか出ないとかって話はどうなったのやら。
IMG_5312.jpg


posted by mayu at 23:33 | Comment(0) | TrackBack(1) | 電脳
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

HDD.xmc.pl Odzyskiwanie Danych Odzyskiwanie Plików Programy Linki Porady
Excerpt: After a while of“ higher and lower” times I started Data Unit in 2007 to do whatever I was keen on.
Weblog: HDD.xmc.pl Odzyskiwanie Danych Odzyskiwanie Plików Programy Linki Porady
Tracked: 2009-11-25 07:42
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。