世界最強の格闘技 殺人空手

2007年11月19日

「世界最強の格闘技 殺人空手」という映画は、クーロン黒沢大先生の著作にて10年ほど前に知ったものの過去にビデオの販売はされておらず、近年では千葉テレビや関西のサンテレビでこっそり放送されただけのレア映画。

10年の間に映画館で使用された巨大ポスター2種、プレス資料や写真など、映画館で放出されたグッズは入手したものの肝心の映画は未見。映画はあきらめていたのですが、ある日なにかに導かれるままgoogleで検索してみると、渋谷のシネマベェーラで上映されるとの情報を入手。10年間の思いを込めて観てきました。

映画は「プロ空手」なる格闘技集団を、抑揚のないナレーションとともに紹介するドキュメンタリー。ドキュメンタリーの割には、打撃音がドコッ!バキッ!っとアフレコされているのが気にかかる。でもってプロ空手なる聞きなれない格闘技も、どこが空手なのかは謎。奇声や怪鳥音を発しまくるがそれでいいのか!

冒頭、ハブとマングースの死闘や闘鶏のシーンからスタート。どこかの山頂でトレーニングする大塚剛(おおつかごう)と仲間達。そんなところでトレーニングする必要もないんじゃ…という突っ込みをしたくなる刹那、目隠しした大塚剛が弟子の持つ鈴をつけた大根をサイで切り刻む命を懸けたトレーニングがスタート。もちろん懸かっている命は弟子のだけどな!他にも砂浜でジープに引っ張られてたりされる大塚剛。仕上げには野生のイノブタと死闘を繰り広げる大塚剛。無抵抗のイノブタに拳をお見舞いし、仕上げにはサイでトドメを刺す!場内大爆笑。

プロ空手の選手は、そんな大塚剛に負けず劣らずの猛者揃い。プロ空手ナンバー2はスキンヘッドのバッファロー弁慶。彼の好物はマムシの生き血。「弁慶が何かを発見した。マムシだ!」という淡々としたナレーションとともに、弁慶がマムシを追いかける!で、すごーく嫌そうにマムシ(のようなヘビ)を引きちぎった。で、ビターンビターンと何度か地面に叩き付け、いやいや生き血を吸う!で、一通り満足したところでポイと捨ててその場を立ち去る。ホントに好物なのか?バッファロー弁慶。

紅幸司のトレーニング方法も独特だ。肉屋で働く紅は昼休みになると職場の倉庫に篭り、枝肉に指を突っ込んで握力を鍛える!てかそれ売り物だろ!

他にも、木の枝に逆さに吊るされて、他の選手からボコボコに殴れる独特のトレーニング方法を紹介したり、博多の裏町で飲んでる選手に絡んできたチンピラをボコボコにしたりと、見てはいけなかったものまで完全収録。

後半は大塚剛の海外遠征シーンに完全密着。まずは香港。
他流試合を禁止している道場に、大塚の熱意が伝わって入山が許された刹那、襲い掛かるカンフーマスター達。バッサバッサと倒していくと棒を持ったボス登場。棒を使う時は殺すときだけだ!とかなんとか言ってる割には大塚剛にあっさり殺される!スナッフムービーかよ!
大塚剛の殺人修行はまだまだ続く。次はマレーシア。ここでもスズの採掘場でマスターと対戦。大塚剛はあっさりと殺人を遂げ、次は秘境ネパールへ。

謎の武闘集団の話を聞き、探す大塚剛。その背後から忍び寄る怪しい影。をカメラがしっかりと収めているが、ドキュメンタリーじゃなかったのかよ!その男をボコボコにして、日本語で本拠地の場所を聞き出すが、残念なことに日本語では聞きだせず。
途中、ネパール犬?に襲われ、抵抗のない犬達をあの世に送ったりしつつ、なんとか本拠地の寺院に到着。ラスボスの変な仮面を着けた男も登場!最後の対決!!
しかし、映画の残り時間が少なかったからかラスボスあっけなく死亡。最後は河原で火葬にされるラスボスの亡骸。そしてエンディング…。

今まで見た映画の中で最高にアホ映画だった。この映画の素晴らしさはとてもじゃないけど文書化することはできない。是非DVDで出して、この映画の素晴らしさを後世に伝えていただきたい。


posted by mayu at 23:59 | Comment(4) | TrackBack(0) | 映画
この記事へのコメント
僕はサンテレビでたまたま観て衝撃を受けたクチなんですが、実はこの映画、DVD化はされてないものの、CSの東映チャンネルでつい最近のうち二度放送されています。
今後も定期的に放送されると思います。
Posted by ボタ山 at 2008年10月01日 10:29
コメントありがとうございます。
過去に放送されたことは東映チャンネルのホームページで知っていたのですが、最近も放送されたんですね。
東映チャンネルだけでなく、是非DVD化してほしいものです。
Posted by mayu at 2008年10月02日 00:06
99年か2000年サンテレビでお昼から再放送で観ました。2004年頃から韓流ドラマの再放送が多いです。
Posted by 千葉ちゃん派 at 2011年03月14日 22:23
今ちょうどCSTVでやっていてあまりにアホらしいつくりに感動してネットで検索して見たら私と全く同じ感覚の方が居たので一安心。w
Posted by 愉快だね at 2014年09月11日 14:40
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。